企業における情報管理|PマークコンサルやISOについて

ISO22000の基準

オフィス

食産業に置けるISO規格にはISO22000と呼ばれるものがあり、これは食品安全における基準となります。ISO22000に基づいた基準の決定方法を知り、より安全な食品生産を心がけましょう。

もっと見る

コンサル会社の選び方

IT

ISOの認証取得というのは多くの課題をクリアしなければなりません。ISOコンサル会社に依頼することで、難しいISO規格の取得をサポートしてもらうことが可能です。優良なコンサル会社を選択し、ISO取得を意味のあるものにしましょう。

もっと見る

Pマークのコンサル会社

女の人

企業の事業活動における情報セキュリティに関する認証において、Pマークの取得を検討している企業は少なからず存在しているでしょう。情報セキュリティの認証にはPマークかISO27001/ISMSのどちらかの取得が選択肢として選べます。Pマークの場合であれば事業活動において個人情報を多く取り扱っている場合に取得することが望ましいです。逆に、他企業との技術情報及び機密情報等のやり取りが多い場合にはISO27001/ISMSによる情報セキュリティ認証の取得をお勧めします。ここではPマークの認証取得の流れについて知っていきましょう。
Pマークというのはプライバシーマークの略称のことを指します。そしてPマークは企業内においての個人情報の取り扱いに関してのルールやそのルールが守られているかどうかのチェック、これらの活動の実施状況等の情報セキュリティに関わる内容のもの全てにおいて適合審査により合格したという証明になるのです。このPマークを認証取得するためには数多くの難しい要項をクリアしなければなりません。そういった要項をクリアする手助けとなるのがPマークコンサルです。このコンサル会社には様々なタイプがあり、料金プランがお得なタイプの会社や、サービスや質・能力の高いコンサル会社等があります。多くの企業はコストを削減したいため、料金プランのお得なコンサル会社の選択を考えてしまうでしょう。しかし、お金を払ってただ取得するだけでは情報セキュリティにおいて意味を成しません。適切な情報管理について学ぶためにはサービスと質・能力の高いコンサル会社への依頼が最適なのです。

文書管理システムの有用性

男性

ISO認証取得後には膨大な情報量のISO文書を管理しなくてはなりません。その文書管理をより効率的で最適なものにするためにISO文書管理システムを導入しましょう。

もっと見る