企業における情報管理|PマークコンサルやISOについて

ISO22000の基準

オフィス

企業を経営するにあたって、ISOという言葉を多く耳にすることになるでしょう。ISOというのは国際標準化機構の略称のことで、ISO規格というのは国際間取引においての世界共通の基準のことを指します。決定された国際規格は同時に国内規格としても認定されるため、国際的な取引を行なっていない企業に対しても認可される規格となっています。
食品安全に関するISO規格にISO22000と呼ばれるものがあります。ISO22000は食品安全におけるマネジメントシステムで、牛肉であれば牧場で飼育されている段階から食卓で食べられるまでの過程においての食品安全を守り、食品危害の発生を防止するために取り決められたISO規格です。食品を扱う全ての企業はこのISO22000に則って経営を行なわなければなりません。ISO22000での食品安全危害の防止を行うためには、適切な手順があります。まず、PRPと呼ばれる前提条件プログラムで食品安全の前程についての必要事項について決定します。その決定事項に基づいた衛生管理を日常的に行うことが大切です。PRPが決定し、次に行うのはハザード分析です。食品が店舗に並ぶまでの各工程において、どういった基準でその食品を管理するのかを分析し、様々な点から食品危害が発生する可能性を考慮します。そして、食品危害が発生した際に生じる影響についても考え各工程での食品管理方法について決定します。そして最後に各工程における管理レベルを決定し、食期害が発生する確率の高い工程箇所において通常のPRPよりも厳しい重点的な管理を実施する必要があります。ISO22000はこういった基準で決定される規格で、食品産業においてはこの基準を必ず守らなければなりません。