中古漁船の売買方法ってどんなものか調べてみよう

中古漁船の売買方法ってどんなものか調べてみよう

船

漁船は買取を行っているのか

昔は漁に出ていたが、今ではめっきり使わなくなったという漁船も多くあります。そのままにしておくのももったいないですし、整備すればまだまだ現役でも使える漁船もあるため、販売店にみてもらうのも1つの手です。また、個人売買を行うことで、自分の希望の金額で買い取ってもらうこともできます。

船

中古漁船の購入にはメリットもある

最近ではマリーンスポーツも人気を見せている中、趣味などで船を利用する人も多くなりました。しかし、船を新品で購入するとなるとなかなかの値段になります。そんな時に中古漁船を利用する人は少なくありません。小型の中古漁船を購入して、自分好みにカスタマイズすることで、クルーザーとして使うことができます。

船

トラブル回避には業者利用が一番

買取業者にお願いすると、購入価格の三分の二しか値段がつかないことが多い中古漁船は、個人で売買されることが多いです。しかし、個人売買になると、名義変更や手続きなどで、トラブルが発生しやすいです。そのため、個人売買は注意して行わなくてはいけません。もし、トラブルなくしたい場合は、やはり業者に依頼をしましょう。業者なら中古販売も買取もしてくれるので安心です。パーツも中古で手に入りますよ。また、買取の場合は、処分に関する手続きも代行してくれることがあるため手間も減るでしょう。

中古漁船の査定で必要になるもの

  • 運転免許証などの身分証明書
  • 船舶検査で使用した手帳
  • 船舶検査書
  • 印鑑(実印)
  • 印鑑証明書

広告募集中